うつに効果的な治療方法をチェック!いち早く社会復帰するために

メンズ

幸せを感じなくなったら

ドクター

幸せを感じなくなる原因

最近、幸せを感じにくくなっていませんか。うつといった精神疾患を抱えている人のほとんどが、幸せを感じることが少ないと答えるそうで、ほとんど喜びを感じられる場面に遭遇しても何も感じにくいのです。うつの症状に陥ってしまった人のほとんどに、脳内物質のセロトニンやノルアドレナリンの分泌量が著しく減っている傾向にあります。神経の伝達物質であるセロトニンの不足、体を動かすエネルギー元であるノルアドレナリンが減ってしまえば、行動の意欲も落ちいりやすくなります。幸せを感じにくくなったら、先ほど紹介した2つの脳内物質が不足気味である可能性がありえます。少しでも、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を促進させるために、幸せに感じる行動を起こす簡単なことを遂行するのがおすすめです。幸せを感じられる行動は、激しく動きまわる運動を行なう面倒なことではないです。日常生活の中で実践できる方法なので、やりやすそうなものをチェックして実行してみるのが最適です。

楽しかった思い出をチェック

脳内のセロトニンやノルアドレナリンの分泌を促して、幸せな気分に持っていくためのテクニックとしては、昔体験した良かったことを思い出す方法です。誰もが、幼少期から現在に至るまで、何か楽しかった思い出的なものを有しています。例えば、学生時代に遊びにいった大きな思い出は勿論、日常のちょっとした体験で好きな動物に触れたと言った体験を思い出してみることです。どうしても思い出し作業が難しいと感じたら、スマホやカメラの画像を見ると思い出しやすくなります。人によっては、思い出深いシーンを写真におさめて保管している人が多いです。昔のことを思い出して、楽しかったことを思い返せば、脳内でセロトニンやノルアドレナリンの分泌が促進しやすくなります。気持ちを安定させるためにも、カメラやスマホに残っている写真データをチェックして見るのも最適です。

写真が見つからなかったら

写真を見て、何も感じない場合は、心療内科や精神科を利用してうつ症状を治療するのがおすすめです。精神的な治療を専門的に遂行してくれるところなら、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を促して、気持ちを安定化させる薬剤を処方してくれます。着実にうつの症状を改善傾向に持っていきたいなら、近隣にあるクリニック情報をチェックするのがおすすめです。